Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅に必要なお金

旅に必要なお金

一から準備をして旅に出る、そして旅をする場合、どのくらいお金がかかるでしょうか。
期間やルート、優先度や重要度などは各々違いますので一概には言えませんが、必ずかかるものはあります。
以下に列挙します。

スポンサーリンク

旅の持ち物・装備

近所に買い物に行くわけではありませんから、空手では行けませんので、バックをはじめいろいろなものが必要になるでしょう。
詳細は、旅の持ち物・装備をご参照ください。

移動費

飛行機

まず日本から出国する際はほとんどの方が利用するでしょう。
加えて、太平洋や大西洋の横断、長距離移動、危険地帯の移動など、必ずと言っていいほど必要になるケースがあります。
一般的には、搭乗日が近付けば近付く程航空券代は上昇していきますので、日程が確定した段階で早めに購入するのが望ましいでしょう。

長距離バス

先進国、途上国を問わず、多くの国でバスは最もポピュラーな移動手段と言えます。
長距離便の場合は宿泊費を浮かせることもできます。

電車

バスに比べると本数は少ない傾向にありますが、バスより旅情を感じることができるとあって、好きな人はよく利用します。
長距離便の場合は宿泊費を浮かせることもできます。

上記の移動手段に比べると利用機会は少ないかもしれませんが、時に有効な手段となります。
離島への移動はもちろん、海をショートカットすることで、時間と費用を節約できます。
長距離便の場合は宿泊費を浮かせることもできます。

食費

食費はピンからキリまでありますが、アジアなど比較的物価の安い国の屋台やローカルレストランで食べれば、驚くほど安く済むことがあります。
また地元の食材を購入し、自炊するのも楽しいですから、料理好きの人は節約もできていいでしょう。

宿泊費

宿泊費も食費同様にピンからキリまであります。
最近はカウチサーフィンのようなサービスを駆使することで、実質的に宿泊費をかけずに旅をすることも可能です。

ゲストハウス

長期間の旅の場合はゲストハウスが主な宿泊先になるでしょう。
国にもよりますが、アジアでは1泊1,000円以下の宿もざらですし、欧米先進国でもよほど有名な観光地でなければ3,500円程度に収めることができるでしょう。
旅に役立つサイトも併せてご参照ください。

ホテル

毎日他人と同室のゲストハウスでは気が休まることがありませんから、時には一人になりたいこともあります。
そんな時は思い切ってホテルに泊まって気分を変えましょう!
物価の安い国では日本のビジネスホテルより遥かに安い料金で、快適な一夜を過ごすことができます。
旅仲間やカップルなどでツインやダブルで泊まれば、ゲストハウスで人数分利用するよりも安価にできる場合もあります。
旅に役立つサイトも併せてご参照ください。

その他

Airbnbやカウチサーフィンなどのサービスを利用することにより、ゲストハウスやホテルよりもずっと宿泊費を抑えることができます。
ただし、トラブルに巻き込まれる可能性も否定はできませんから、ご利用に際しては注意しましょう。

観光費

観光施設への入場にはたいてい費用が発生します。
これに関してはなかなか節約することはできませんから、必要経費と割り切りましょう。

旅行保険代

旅の期間が2~3ヵ月までならばクレジットカードに付帯する旅行保険で十分でしょうが、それ以上の期間の場合は、旅行保険への加入をおすすめします。
詳細は、旅の持ち物・装備をご参照ください。

予防接種代

これも上記の旅行保険と同じで、まさに”予防”になりますが、旅の期間が長くなればなるほどリスクは増しますから、接種をおすすめします。
詳細は、旅の持ち物・装備をご参照ください。

スポンサーリンク