Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅をもっと楽しく快適にするために、語学留学はいかがですか。

旅をもっと楽しく快適にするために、語学留学はいかがですか。
スポンサーリンク

前段

多くの方が一人で旅に出られると思います。
つまり、旅仲間がいない限り、どのような場合でもすべて自分だけで対応しなければなりません。
空港で、ホテルで、レストランで、ショッピングで、観光地でなどなど、やり取りの場は多岐に渡ります。
もしトラブルが起こればそれさえも自分で対処しなければなりません。

また、旅先では多くの人と出会います。
特にゲストハウスで同じ部屋になった旅人とは必ず話をする機会があるはずです。
そんな時に簡単な挨拶と自己紹介で終わってしまうのはもったいなくはないでしょうか。
コミュニケーションが取れないということで、男性ならば金髪美人と、女性ならばイケメンと近付くチャンスを失ってしまったとしたら、これほどの機会損失はないのではないでしょうか。

最低限の表現はトラベル外国語に掲載していますので、参考になさってください。

語学留学

では、どうすれでばいいでしょうか。
答えは簡単です!
旅に出る前に、話せるようになりましょう!
ゴルゴ13のように何十ヵ国語も話すことはできませんが、英語だけでも話せるようになっておけば、よほど僻地でない限り、旅を楽しく快適にすることができるはずです!

強固な意志を持っている方であれば、自主的に勉強をするのが最も効率的でしょう。
しかし、人間は弱い生き物です。
周囲に溢れる誘惑に、果たしてどれほどの人が打ち勝てるでしょうか。

ならば、逃げられない環境に身を置きましょう!
そう、語学留学です!

物は考えようで、語学留学とはいえ、海外で生活するという経験はそうそうできるものではありませんし、長旅前の海外慣れの場にしてはどうでしょうか。

雇用保険(失業保険)をもらいながら語学留学をしていた人もいましたので、退職後に雇用保険(失業保険)の受給終了を待って旅に出る予定の方は、こういったやり方も一考に値するのではないでしょうか。
雇用保険(失業保険)の詳細は、旅に出る前に雇用保険(失業保険)を受給しましょう!をご参照ください。

どこへ留学するか。

英語を学ぶのであれば英語圏、ネイティブの欧米諸国が理想です。
しかしながら、欧米先進諸国では費用が高額ですし、いずれも日本から遠いため、旅費だけでもばかになりません。

そこで選択肢として挙がるのが、フィリピンです。
フィリピンではフィリピノ語(タガログ語)と英語が公用語として使われており、英語の通用度は非常に高いですし、語学学校で講師をする方々は大学の講義も英語で学んできています。
英語に詳しい方に言わせると、発音はネイティブと異なるようですし、欧米諸国のコールセンターが集まっているフィリンピンにおいて、欧米人がやり取りをすると気付くこともあるという話は耳にしたことがあります。
しかし、現時点で中学や高校レベルの英語も怪しい状態の人であれば、ここで十分であると思います。
もしフィリピンで学び、物足りなさやより高いレベルを求めたいと思えば、その後に欧米諸国に留学しても遅くはないと思います。

語学学校には日本人はもとより、他国からの留学生も多く来ていますから、そこでも出会いはあるでしょうし、切磋琢磨していけるものです。
また、日本人に限れば、これから旅やワーキングホリデーに行くために来ている方も多いですから、情報交換や仲間を作ることもできるでしょう。

語学学校について

費用や授業内容は学校によって違いますし、マンツーマンを望むのか、グループを望むのかなどで変わってきますが、多くの学校では授業料だけでなく、宿泊施設と食費が含まれていることが多いです。
ご予算と求めるレベルや内容を精査した上で、失敗しない学校選びをしましょう。

校風もスパルタがある一方で、ゆるい学校もあります。
短期間でしっかりと学ぶのであれば、周囲の誘惑や雑念を断ちスパルタで学ぶことをおすすめします。
旅行の延長でダラダラやってしまって、結局あまりレベルアップしなかったとなると何をしに行ったのかわかりませんので、しっかり考える必要があります。

申し込む際は、語学学校に直接申し込む方法とエージェントを通して申し込む方法があります。
どちらが得かをよく検討して申し込みましょう。

スポンサーリンク