Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅の続き

旅の続き
スポンサーリンク

あなたの旅はこれからも続きます!

期間の長短にかかわらず、一度旅に出てその魅力に取りつかれると、帰国後も旅が恋しくなるものです。
かくいう私もそうですし、特に初期の頃はその気持ちが強かったです。

ただ、現実問題として、頻繁に行くことは難しいでしょうから、普段の生活と折り合いをつける必要があります。
例えばゴールデンウィークと夏休みの年に2回、各1週間ずつ時間を確保できる方であれば、それ以外の期間は仕事や家庭、旅以外のプライベートを充実させながら、旅へのモチベーションを高めることが健全な日常を送る方法だと思います。

旅にハマりすぎて、旅が恋人になる方もいるでしょう。
人それぞれ優先順位は違いますから、家庭を持つことに興味がなく、旅など自分のプライベートを充実させることに邁進されるのも生き方の一つだと思います。

何が幸せかはその瞬間はわからないものですし、時間が経過してみて初めて、その時の選択がどうだったのかに気付けるのだと思います。

そして、大げさなことを言えば、人生自体が壮大な旅なのです。
観光地や見知らぬ土地を訪れることも旅ですし、長年働いていくことも、家庭を持ち家族を慈しんでいくことも、そのすべてがその人の確かな1ページであり、それが連なっていくことが、旅なのだと思います。

ある旅人は旅の途中で考えが変わり、別の方向へ舵を切りました。
それは旅が嫌になったからではなく、もっと打ち込みたい別の旅を見つけたからです。
ですから、国内や海外を回ることにとらわれすぎないでください。
今あなたが送っている何気ない日常も、滋味に溢れた旅だということを忘れないでください。

日本地図や世界地図だけが旅の地図ではありません。
ガイドブックだけが旅の相棒ではありません。

その人の中だけにある宝島の地図を進んで行くこと、時に大切な人とともに歩んで行くことこそ、本当に意味のあることだと思います。

みなさんの進む旅路が、幸あるものであることを願っています。
さあ、明日はどんな旅が待っているんでしょう。
ワクワクドキドキがとまらない、そんな明日にしましょう!

スポンサーリンク